© 2016 machi-ku All Right Reserved.

author

子どもが夢を描ける社会をつくりたい​。

◆安藤哲也

コミュニティデザインラボmachi-ku 代表

柏アーバンデザインセンター(UDC2) 副センター長

NPO団体わくラボ 代表

おもちゃコンサルタント

                

千葉県木更津市出身。農家の長男。

大学時代からのまちづくり活動や

都市計画コンサルタントとしての業務を通し、

まちはつくるものではなく、育てるものという考えを持つようになりました。

そんなこんなで、2015年にコミュニティデザイナーとして独立。

 

子どもが夢を描ける社会をつくりたいと考えており、

子どもの視点を大切にしたまちづくり(まち育て)を行うことを目指しています。

そのためには、「子ども」と「まちづくり※」の双方への理解が必須だと考え

多様な取り組みを展開中です。

※分かりやすさを優先し、以下は「まち育て」ではなく「まちづくり」と表記します。

様々な活動や業務のおかげで、

ハード面とソフト面の双方の重要性、官・民のそれぞれの立場を理解することができました。

この経験を活かし、幅の広く、実行性と速度感を伴った業務を心がけています。

こだわっているのは「実行性」「市民参加」「シビックプライド」。

最も大切にしているのは「楽しい」という感情です。

住民も、行政職員も、道行く人も、みんなが楽しいと思えることが大切だと考えており、

身の丈に合わない無理をするよりも、自分たちでできることを楽しく実行することが、

結果としてまちが良くなると信じています。

また、趣味としてあそんでいたボードゲームが人を繋ぐツールに成り得ると考えNPO団体わくラボを組織。

ボードゲームカフェによる場づくりや、小学校でのボードゲーム授業、親世代へのボードゲーム講演会、

チームビルディングを目的とした企業研修等にもボードゲームを活用。

ボードゲームを日本の文化にしたいと考えています。

※こちらの取り組みはNPO団体わくラボをご覧ください。

まちづくりの経験と、ボードゲームへの理解が合わさって生まれたのが「ソーシャルデザインゲーム」。

まちづくりへのインターフェースを拡げることを目的に開発し、様々なワークショップを展開しています。

本ゲームは「難しい」とされる社会課題を、誰もがあそべる【ゲーム】に落とし込むことにより、

プレイヤーに楽しみながら「(結果として)まちについて考えてもらう」ことを狙いとしています。

現在は、柏アーバンデザインセンター(UDC2)の業務を主として取り組んでいます。

(担当はアーバンデザイン)

◆主な経歴 

2004~ 学生サークルMeTS-teamを組織、代表を務める。登戸・向ヶ丘遊園地域のまちづくりに関わる。

2005~ 学生団体カンダユメラボを組織、2代目代表を務める。神田地域のまちづくりに関わる。

2008.3 明治大学大学院理工学研究科建築学専攻 修了 都市建築デザイン(小林正美)研究室 所属

2008.4 某ベンチャー不動産 入社 ⇒ リーマンショックで倒産

    ~その後、色々なことがあり、根性が鍛えられる~

2010.1 (株)首都圏総合計画研究所 入社(都市計画コンサルタント事務所)

2012.4 明治大学 登戸探求プロジェクトに講師として関わる(社会教育・アクティブラーニングの授業)

2015.1 NPO団体わくラボ 設立

2015.7 (株)首都圏総合計画研究所 退職

2015.8 コミュニティデザインラボmachi-ku 設立

2015.9 柏アーバンデザインセンター(UDC2) ディレクターとして就任

2017.3 明治大学 登戸探求プロジェクト 兼任講師 退職

2017.4 柏アーバンデザインセンター(UDC2) 副センター長として就任

 

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon